医療関連情報

高齢化社会でのバリアフリーや介護医療

高齢化社会では高齢者に優しい環境づくりも非常に重要になります。
バリアフリーができている環境では、怪我をしにくくなるので医療介護にも非常に有効な予防になります。
高齢者の介護をしたことのある人はよくわかりますが、わずかな行動で高齢者はケガをしたり、病気になったりします。
とくに最近よく話題になる認知症などの病気になると、おかしな行動をとることでケガも多くなります。
転んだり、ぶつけたりですが、もともと骨粗しょう症などで骨がもろくなったりしているので、わずかに転んだだけでも骨折したりします。
ある例では、庭の草を抜いただけで、骨折をしたという高齢者もいました。
高齢者の住む環境はバリアフリーが非常に重要だということがわかります。
また、わずかな段差、数ミリの段差があっても、足が引っかかり転んだりもします。
医療面の負担を蹴らすという面でもバリアフリー化は非常に重要な課題ということになります。
高齢者の立場に立って環境も考える必要があります。

Copyright(c) 医療 . All Rights Reserved.